赤ちゃんの便秘の改善

赤ちゃんの便秘には個人差があります

赤ちゃんの便秘には、それぞれ個人差がありまして、2、3日出なくても平気な子や 起源が悪くなる子もいます。 赤ちゃんの便秘の原因はいくつかありまして、成長とともに便の量が減ったり、 離乳食が始まり、それに連動して野菜不足が生じますと、便秘の原因にもなります。 食事とはあまり関係ありませんが、寒いからと言って厚着をさせますと、逆効果に なりまして、お腹の発達に影響が出ますので、なるべく厚着は避けたいところです。 便秘は、赤ちゃんだけではなく、大人でも起こりますので、なるべく野菜の摂取を 増やしまして、動きやすい服装で生活させる方が、大変良いようです。 また、水分も大切で、適度な水分を摂取させることで、便秘を防ぐことができます。

対処法と注意点について

赤ちゃんの便秘には、個人差がありますが、便秘にならないための対処法と注意点を いくつか挙げてみたいと思います。 対処法は、大人と同じ考えでも大丈夫で、まずは水分を十分与えることです。 赤ちゃんですと、果汁や砂糖水などが大変良いようです。 厚着は、体にもあまりよくはありませんので、1枚少なめの方が体にはいいようです。 薄着にすることで、体をより動かしやすくしまして、適度なお腹の運動にも なりますので、なるべく薄着で運動させるといいようです。 これらを実践しても出ない場合は、浣腸が必要となります。 大体目安としまして、3,4日出ないときは、浣腸を行う方がいいようです。 注意点としまして、便が固くて血が混じっていたり、お腹がはっている感じが しましたら、病院でみてもらう方がいいようです。